マウスウォッシュで息リフレッシュ!虫歯や歯周病も予防!

おすすめ口臭対策・マウスウォッシュランキング  » マウスウォッシュに期待できる効果 » 虫歯・歯周病予防

虫歯・歯周病予防

ここでは虫歯予防・歯周病予防にマウスウォッシュが良く使われる理由とおすすめケア方法をご紹介しています。

まずは正しい歯磨きから

虫歯や歯周病を防ぐためには、きちんと歯磨きをする事が大切。とはいえ、適当に歯磨きをしているのではほとんど効果がありません。正しい歯磨き方法を取り入れ、清潔な歯を保つようにすれば虫歯や歯周病になりづらい状態をキープできます。

正しい歯磨き方法

  • ポイント1 毛先を歯と歯茎の境目にきちんと当てる
  • ポイント2 歯ブラシの毛先が広がらないくらいの力で磨く
  • ポイント3 5~10mmの幅で小刻みに動かし、1~2本ずつ磨く

昔学校で習ったり、歯医者さんでレクチャーされた経験があるのではないでしょうか?しかし、これを守って毎日磨いているつもりが、だんだんと自己流の磨き方に変わってしまうので、きちんと磨けている人は非常に少ないのです。頻繁に磨き方を見直して、正しい歯磨きを心がけてください。 

実は歯磨きだけでは不十分!

歯の隙間やデコボコした歯並び部分にはなかなか届きにくいため、徐々に歯垢が蓄積してしまいます。デンタルフロスや歯間ブラシを用いたり、液体マウスウォッシュを使って隙間にアプローチし、歯ブラシが届かないところにある虫歯・歯周病の原因を退治しましょう。

中でもオススメはマウスウォッシュ。歯磨きでケアできる汚れは、口内の約25%といわれており、残り75%もの汚れをケアするには、液体で口の中のすみずみまでキレイにできるものが最適なんです。自分で磨かなくてはいけないアイテムと違い、口に含んでゆすぐだけでOKなのも簡単で続けやすいケアですよね。

日本ではTVCMの影響なのか、マウスウォッシュは口臭予防アイテムとして考えられていることが多いのですが、薬用成分が配合されているものを使えば虫歯・歯周病の予防に高い効果を発揮してくれます。液体では力不足なのでは?と思う方もいるかもしれませんが、アメリカでは歯周病予防のために歯科医師がマウスウォッシュの使用を薦めているほど、効果的でメジャーな方法なんです。

歯ブラシ+マウスウォッシュ+歯間ブラシ・フロスを併用すると、かなり効果的な虫歯・歯周病ケアができますが、これでも100%とはいきません。歯のトラブルを未然に防ぐ「予防歯科」のために、定期的に歯医者さんに通って歯垢除去を受けることをオススメします。

この記事の関連のページ