マウスウォッシュで息リフレッシュ!虫歯や歯周病も予防!

おすすめ口臭対策・マウスウォッシュランキング  » マウスウォッシュに期待できる効果 » 口臭対策

口臭対策

マウスウォッシュの口臭防止効果について、臭いに働く仕組みと、効果的な成分を紹介しています。

口の中を殺菌してニオイを防ぐ! 

他人を不快にさせないために気にしておくべきエチケット、口臭はどうして起こるのでしょうか?

口の中には多くの細菌が潜んでいますが、歯ブラシが届かない隙間には「バイオフィルム」という細菌の塊が、ぬるぬるしたバリアを張って増殖しています。バイオフィルムは口臭だけでなく、歯肉炎や口内のネバつき、歯石などを発生させてしまうので、できれば毎日ケアしてバイオフィルムを除去していきましょう。

雑菌の繁殖を抑制しニオイを抑えるマウスウォッシュには、以下のような成分が含まれています。

  • ■ 塩化セチルピリジニウム(CPC):口臭の原因菌を殺菌
  • ■ グルコン酸クロルヘキシジン(CHG):口臭の原因菌を殺菌
  • ■ トリクロサン:殺菌効果が高いが、人体への影響が懸念されている
  • ■ ポリアスパラギン酸:汚れが潜むたんぱく質を剥がして固める

化学的な成分をあまり使いたくないのであれば…

  • ■ ナタマメ種子エキス:排膿・抗炎症(歯周病に効果)
  • ■ お茶系のエキス(チャ・紅茶・ウーロン茶など):抗菌作用
  • ■ 植物系エキス(シャクヤク・カンゾウ・オウゴンなど):清浄・防臭効果
  • ■ ハーブ系エキス(ハッカ油・セージ葉・ローズマリーなど):清浄・防臭効果

マウスウォッシュには殺菌成分入りのもの、そうでないものの2タイプがあります。口臭を消したい!というのであれば、効果的に働く化学的な殺菌成分が入っているものがオススメ。植物系エキスを中心に配合されたものは、体にやさしいオーガニックであったり、使った後の香りはとても良いのですが、口臭抑止効果がさほど長く続きません。

注意点ですが、化学的成分はごく稀に人体に影響をなすことがあります。不快感や口内異常、発汗や耳鳴りなどいつもと違う症状が現れたら使用を中止し、すぐ歯医者さんに相談してください。 

一時的な口臭予防法

唾液には口の中を殺菌・抗菌・洗浄する効果がありますので、口臭を消したいときには酸っぱいものを思い浮かべて唾液を増やすのが一番手軽でオススメ。唾液があまり出ないときは、実際に食べて本当にすっぱい!ということを何度か繰り返すと、体が反応するようになります。

また、ガムにも口臭予防効果がありますが、噛むより舌の上をコロコロ転がしていると唾液が増えてくるそうです。氷を口に含んだり、銀のスプーンを舐める(口臭を作る揮発性硫黄化合物が銀と反応して違う物質に変わるため)のも効果があるそうです。

雑菌以外が原因の口臭もある

人によっては、口の中以外の部分が口臭の原因になっていることもあります。

口臭を引き起こす主な病気は、糖尿病や蓄膿症、慢性鼻炎、気管支炎、肺がん、咽喉頭がん、慢性扁桃腺炎、食堂狭窄、胃炎、胃潰瘍、胃がん、肝硬変などがあります。

健康診断などでこれらの病気が見つかった場合は、治癒することで口臭が消える場合があります。マウスウォッシュで口腔内の状態を良くして日常の口臭を出来る限り防ぐと共に、きちんと病院に通って体を治しましょう。

この記事の関連のページ