マウスウォッシュで息リフレッシュ!虫歯や歯周病も予防!

おすすめ口臭対策・マウスウォッシュランキング  » おさえておきたいマウスウォッシュのAtoZ » 効果的な使い方

効果的な使い方

ここではマウスウォッシュの効果をより引き出す使い方を紹介しています。

マウスウォッシュの効果をより高めるには

 マウスウォッシュは、洗口液タイプならハミガキ後に適量を含んで口をゆすぐ、液体ハミガキタイプなら口に含んだ状態もしくは吐き出した後にブラッシングをするのが正しい使い方。もちろんこの通りにやれば効果がありますが、よりマウスウォッシュの効果を高めるためには、いくつかポイントがあります。

(1) マウスウォッシュの前に正しいハミガキをきちんと行う

マウスウォッシュはハミガキの代役ではなく、補助的なものですから、きちんとハミガキを行うことは大前提。正しいハミガキは「毛先を歯と歯茎の境目にきちんと当てる」「歯ブラシの毛先が広がらないくらいの力で磨く」「5~10mmの幅で小刻みに動かし、1~2本ずつ磨く」を守って行いましょう。

液体ハミガキタイプの場合も、事前に通常のハミガキをすることで効果が高まります。時間が無いときは液体ハミガキを口に含み、正しいブラッシングをするだけでもOKです。

(2) 口の中全体に行き渡るように満遍なくブクブクする

物理的に磨く歯ブラシと違って、マウスウォッシュは液体のため普段は入り込めない小さな隙間にも簡単に入る事が出来ます。お口のトラブルを引き起こす菌はそういった小さな隙間にびっしり隠れていますから、しっかりと口の中の細かい溝までマウスウォッシュが行き渡るように四方八方に動かしましょう。

(3) 吐き出して30分は飲食を控える

マウスウォッシュをして食べかすや飲み残しを一掃したのに、すぐに物を食べてまたカスをつけてしまっては折角の効果も台無しです。口臭・虫歯・歯周病の原因菌が居ない状態を長くキープするためにも、マウスウォッシュ後30分は何も飲食しないようにしましょう

この3点を守れば、マウスウォッシュの効果をより感じられるでしょう!

ただし、注意をひとつだけ…

いくら口臭を消す効果があるからとはいって、頻繁にマウスウォッシュを使うのは良くありません。

口の中の細菌には口臭や虫歯・歯周病を引き起こす悪い菌と、常在菌という細菌のバランスを取り健康を保ってくれる良い菌がいますが、マウスウォッシュはこれら両方を殺菌してしまうのです。常在菌のバランスが崩れると虫歯や歯周病になりやすくなったり、誤嚥性肺炎の原因になったりするため、常在菌をとことん退治してしまわないように気をつけましょう。

頻度としては、ハミガキをするタイミングと同じ、1日2~3回。メーカーが推奨する頻度以上には遣わないようにしてください。