マウスウォッシュで息リフレッシュ!虫歯や歯周病も予防!

おすすめ口臭対策・マウスウォッシュランキング  » おさえておきたいマウスウォッシュのAtoZ » 選び方のポイント

選び方のポイント

ここでは自分に合うおすすめマウスウォッシュの見つけ方を紹介しています。

効果別に見る!おすすめのマウスウォッシュタイプを診断

 マウスウォッシュは「口臭防止」「虫歯・歯周病予防」が基本的な効果ですが、商品によってこの効果を実現している成分は違います。より効果が高いものは薬用成分を配合した医薬部外品、自然派成分でマイルドな作用のものは化粧品として販売されています。マウスウォッシュで理想の効果を得るには、それに見合った成分が配合されているかをきちんと見定めましょう。

  • 口臭をなくしたい、口の中をすっきりさせたい → 洗口液(化粧品)

エチケット目的での使用なら、薬用成分が入っていないものでも充分。植物系エキスをはじめとする刺激のないマイルドな成分で口の中を爽やかな状態に変えてくれます。外出先や人に会う前の利用にオススメです。

  •  手軽に口臭ケア&歯垢を防ぎたい → 洗口液(医薬部外品)

歯垢を防いだり、虫歯を予防するなどの効果は殺菌が必要。歯ブラシをした後に「歯垢の付着を防ぐ」「炎症を抑える」薬用成分が配合されたマウスウォッシュで仕上げすすぎをすれば、かなりの効果を得られます。

  •  手軽に歯垢の除去&虫歯予防がしたい → 洗口液(医薬部外品)

基本的には上の項目と同じですが、歯垢を分解する働きは「デキストラナーゼ」という酵素だけが持っている特別な力です。よりパワフルなオーラルケアを求めるなら、デキストラナーゼ含有商品がよいでしょう。妊娠中のつわりでハミガキが辛い方などにオススメです。

  •  歯肉炎・歯周病を防ぎたい → 液体ハミガキ(医薬部外品)

殺菌成分・抗炎症成分で歯肉炎・歯周病の進行を食い止める上、適切なブラッシングをすることで歯茎が健康になる効果も期待できます。液体ハミガキ単体でも良いですが、普通のペースト状ハミガキを使用した後に液体ハミガキで仕上げをすると効果大です。

  •  虫歯になるリスクを減らしたい → 液体ハミガキ(医薬部外品)

殺菌成分入りのマウスウォッシュで口をすすぐと口の中隅々まで行き渡り虫歯菌を退治してくれます。すすぐだけでなく、ブラッシングを取り入れるとさらに虫歯リスクが減少するので、液体ハミガキタイプを使ってみてください。

  •  起床時のお口のネバツキを抑えたい → 液体ハミガキ(医薬部外品)

朝お口がネバつくのは、唾液が少ない就寝中に細菌の活動が活発になるから。細菌の餌である食べかすや飲み残しを極力減らせば細菌の活動も抑えられ、ネバつきが減ります。口をゆすぐだけでなく、ブラッシングもプラスして出来る限り口の中を清潔にして就寝しましょう。

  • 歯を汚れから守りたい・白くしたい → どちらでもOK

歯の表面をコーティングする成分(フッ素、パルミチン酸など)や、着色汚れを落としてくれる成分(リンゴ酸、ラウロイルグルタミン酸ナトリウム、ポリエチレングリコールなど)が配合されたものを選びましょう。洗口液・液体ハミガキどちらでもOKですが、使う前に歯の汚れを落としてからのほうが効果が出ますので、普通のハミガキと併用するのが良いでしょう。

簡単に言ってしまえば、手軽なケアを望むなら洗口液、しっかりケアなら液体ハミガキ、という考えで良いと思います。どちらの場合でも、マウスウォッシュだけに頼るのはNG。従来のペースト状ハミガキを補助する形で使うことで、より高い効果が感じられますよ。