マウスウォッシュで息リフレッシュ!虫歯や歯周病も予防!

おすすめ口臭対策・マウスウォッシュランキング  » おさえておきたいマウスウォッシュのAtoZ » マウスウォッシュの種類

マウスウォッシュの種類

ここではマウスウォッシュの2つの種類、洗口液と液体ハミガキの違いについて詳しく解説しています。

洗口液と液体ハミガキって何だろう

マウスウォッシュは「洗口液」「液体ハミガキ」の2種類があり、それぞれ用途が違います。

洗口液は口に含んですすぐだけでOKで、主に口臭防止・口内浄化・爽快感を得る事が出来ます。

  • 外出先などで歯磨きが出来ないときの代用
  • 簡単に口臭予防の効果を実感したい方
  • 妊娠中のつわり、高齢者などハミガキが困難な方 にオススメです。

口臭ケアのみをするアイテムは化粧品、口臭・虫歯ケアができる成分が配合されているものは医薬部外品として売られていますから、商品の説明をよく読んでから購入するようにしてください。

ちなみに、歯垢の付着を防ぐ効果を持つ殺菌成分はいくつかありますが、歯垢の除去まで出来るのは「デキストラナーゼ」という成分だけ。洗口液に歯垢除去効果を求めるなら、デキストラナーゼ配合のアイテムを選びましょう。

液体ハミガキは液を口に含んだ状態or液を吐き出した後にブラッシングが必要なタイプで、こちらも洗口液と同様の効果に加え、虫歯や歯周病を予防する効果が付与されている事が多いです。

  • 虫歯・歯周病になりやすい・リスクが高い方
  • 起床時に口の中のネバつきや口臭が気になる方 にオススメです。

液体ハミガキは基本的に殺菌成分が配合されている医薬部外品。これにより、歯周病・虫歯・口臭予防など様々な効果が期待できます。その他、抗炎症作用(トラネキサム酸・グリチルリチン酸2kなど)・歯のコーティング作用などを叶える成分を配合している商品もあります。

補足ですが、マウスウォッシュにはアルコール含有とノンアルコールがあります。一般的にアルコール=殺菌というイメージがあるため、ノンアルコールは効果が弱いのでは…?と思うかもしれませんが、マウスウォッシュに配合されているアルコール(エタノール)は爽快感の演出役であり、殺菌効果はありません。さっぱりしたい方はアルコール入り、マイルドな刺激が良い方はノンアルコールを選んでOKですよ。

マウスウォッシュしたら普通の歯磨きは不要?

残念ながら、洗口液タイプ・液体ハミガキタイプ共にマウスウォッシュだけではオーラルケアが万全とはいえません。なぜなら、マウスウォッシュには清掃剤(研磨剤)が含まれていないから。コップについた茶渋が普通にスポンジで洗っただけではなかなか落ちないように、歯についたお茶やコーヒーなどの着色汚れはゆすぐだけでは取れません。

また、歯周病などの原因となる細菌の巣・バイオフィルムは歯ブラシだけでも、マウスウォッシュだけでも取る事ができません。しっかりと歯を磨いてバイオフィルムを減らし、その後バイオフィルムが出来ないようにマウスウォッシュでケアするのが一番良いとされています(ちなみに、完全に出来てしまったバイオフィルムを取るには歯科治療が必要です)。

白く健康な歯を保つためには、歯ブラシとマウスウォッシュの併用が最適です。